矯正歯科へ行こう~キラっとsmileになりマウス~

歯科

歯並びを綺麗にする

審美的側面から、機能性・生活改善のために

笑顔

「正しい歯並び」を維持することは、大変重要なことです。「正しい歯並び」とは、見た目が美しいだけでなく、しっかりと食べものを咀嚼することができる「歯並び」のことです。 従来、歯へのケアは、「虫歯」や「歯周病」に関するものが大半を占めていました。しかし、「歯並び」が与える口中トラブルや全身への影響等が徐々に判明されると伴に、「正しい歯並び」の大切さが広く認められるようになってきました。 歯並びを治すために矯正歯科で治療を受ける方の中には、審美的な理由から治療を開始する方達がいます。一方で、今日では審美的な側面を重視するだけでなく、正しい噛み合わせを得ることで、全身の健康を維持しようと考えて治療を始める方もいます。矯正歯科で歯列を矯正することは、生活の質をあげ、より快適に暮らすために必要なものだと考える方が増えたからなのです。

「正しい歯並び」の社会的ニーズ

「正しい歯並び」を得ることで生活の質をあげたい、と考える人たちの増加は、矯正治療の普及につながってます。治療の普及は幅広い年齢層にまで広がり、高齢者の方の矯正歯科治療も珍しいことではなくなってきました。基本的に、矯正歯科での治療には年齢制限がありません。口中環境が良好で、健康な歯茎を維持していれば、何歳になっても治療を受けることが可能なのです。 「正しい歯並び」への関心は、年々高まってきています。従来の審美的な側面や機能的な側面だけにとどまらず、社会的な風潮として「正しい歯並び」が求められています。特に、社会人の「正しい歯並び」は、仕事を行なう上での必要不可欠な要素となりつつあります。歯並びの持つ社会的影響と様々なニーズから、今後も矯正歯科での治療を希望する方が増えていくと考えられます。